メインイメージ

会社設立を格安でするために

格安な会社設立代行へ


新会社法によって資本金1円でも株式会社が作れるようになりましたが、1円だけで会社設立できるのではなく、印紙代や登録免許税などいろいろな実費費用が必要です。

会社設立代行のサービスをご利用されると、電子認証に対応しているので印紙代4万円分が格安になっています。設立費用を少しでも節約したいときは会社設立代行サービスの定款の電子認証を利用しましょう。

会社設立代行サービスは事務所へ報酬をお支払いする必要がありますが、面倒な手続きは専門家が行ってくれるので、本業に専念して利益を上げることができます。確実に自分の会社をスタートして軌道に乗せたいという時はお任せしてはいかがでしょう。
個人事業主から会社設立をされると信用力がアップし、顧客や取引先からも信頼されるようになります。信用力がアップすることで融資も受けやすくなります。
継続して年間所得が500万円を超えるまでになったら、会社設立をされた方が節税対策にもなります。会社設立や起業をお考えの方はそんなメリットを生かしてはいかがですか。

行政書士が行う会社設立代行へ

会社設立をしたいけど、手続きの仕方がよくわからない、
事業が忙しくて手続する時間がない、そんなときは行政書士が行う会社設立代行サービスをご利用してはいかがでしょう。
会社設立代行サービスでは最初のご相談から登記申請まですべてサポート、会社設立したいあなたの代わりに面倒な書類作成や手続を行ってくれるので、
ご自身の事業に専念する事が出来ます。確実に手続きが進みますので安心です。
会社設立にはさまざまな実費費用がかかりますが、行政書士事務所では電子定款認証に対応しているために、実費費用の一つ、印紙代4万円が不要になります。
印紙代はご自身で手続きしても必要になるので、会社設立代行を依頼してもお得です。
会社法により最低資本金規制が撤廃されて、資本金1円でも会社設立できるようになり、グッと敷居が低くなりました。
個人事業主よりも信用力をあげて業績をアップしたい、節税対策したいという方は、
取締役1人からでもOKなので、ご自身の会社設立してはいかがですか。